【子宮筋腫.com】〜治療について〜

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
49kinsyu★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。




sponsored link




ここでは子宮筋腫の治療について、詳しく説明しています。

子宮筋腫はすべて治療しなければならない、というわけではありません。筋腫がさほど大きくなく、無症状で何の影響もないものであれば治す必要もありません。治療の対症となるのは、症状が強い場合や悪性腫瘍の可能性がある場合、また不妊の原因になっているかもしれない場合や出産時の影響が考えられる場合などです。
また薬やその他の療法で症状が抑えられたり回復するのであれば、手術をする必要もありません。

痛みがある場合はまず痛み止めの薬を処方します。貧血がある場合は造血剤を処方します。またホルモンバランスの異常に対しては卵巣ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の合剤(中用量ピル)も処方する場合があります。また予防についてでもご紹介した漢方薬を選択する場合もあります。「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」や「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」などがそれにあたります。血流を良くし、体を内側から改善する目的があります。

これら薬物療法でも一向に改善の兆しが見られない場合には、医師と相談の上で初めて手術を選択することになります。


sponsored link



copyright©2013  【子宮筋腫.com】〜子宮筋腫の症状について〜  All Rights Reserved