【子宮筋腫.com】〜妊娠への影響〜

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
49kinsyu★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。




sponsored link




ここでは子宮筋腫の妊娠への影響について、詳しく説明しています。

子宮筋腫は少なからず妊娠に影響を及ぼしていると考えられています。ただし、子宮筋腫だと絶対に妊娠しないというわけではなく、筋腫があっても妊娠はしますし出産も問題なく出来る場合もあります。反面、筋腫があることで妊娠しにくい体になるという場合もあります。

また、妊娠すると女性ホルモンの分泌は活発になるので同時に筋腫が大きくなりやすい環境になります。特に妊娠初期にホルモンバランスは大きく変調をきたすので、この際に筋腫が大きくなり健診で発見されるケースは多いです。

妊娠中期から後期になると、それまで硬い腫瘤だった筋腫も大半が子宮の膨張と共に柔らかく伸びるので、胎児への影響は少ないと考えられています。ただし、筋腫があることで逆子の原因になったり自然分娩が困難になり帝王切開を選択しないといけないケースもあります。


sponsored link



copyright©2013  【子宮筋腫.com】〜子宮筋腫の症状について〜  All Rights Reserved