【子宮筋腫.com】〜検査方法と費用〜

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
49kinsyu★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。




sponsored link




ここでは子宮筋腫の検査方法とかかる費用について、詳しく説明しています。

子宮筋腫の検査にはいくつか方法があります。まず基本となるのは内診で、次に血液検査や超音波検査を行えば筋腫の有無はおよそ分かります。これでも分からない場合やさらに詳しく筋腫の症状を調べる為には、CT検査やMRI検査、内視鏡検査を行います。

内診では直接性器内部の触診を行います。粘膜下筋腫など子宮内膜の下にできる筋腫は、子宮内部を触診することで初期の小さい状態でも発見する事が容易です。
血液検査の場合は、血中のヘモグロビン濃度を測定します。子宮筋腫の場合、ヘモグロビン濃度は減少するので、基準値よりも低い場合は可能性が高まります。
超音波検査はいわゆるエコーと呼ばれるもので、お腹の上から超音波を当てる経腹法と、膣内に器具を挿入する経膣法の二種類あり、基本的には経腹法が選択されますが詳細をより鮮明に測定できるのは経膣法となります。
CT検査はX線(放射線)を使った断層撮影で、子宮の状態を観察する方法です。
MRI検査は磁気を使った使った断層撮影で、はっきりとした画像を得られることと放射線被ばくの可能性がない為、妊娠中でも安全に検査できる方法です。
内視鏡検査は膣から子宮に直接管を通して、子宮内膜の様子を観察する方法です。

検査費用は病院や検査方法によっても大きく変わるので、あくまで参考としてお考え下さい。ただし基本的にすべて保険適用なので全額負担にはなりません。目安としては内診・エコーのみなら3000円前後かかります。CT検査も加えると合計6000円近くまでかかるでしょう。MRI検査は多くの場合予約制ですので、当日行うことはほとんどありません。MRI検査は単独でも5000円程度はかかるでしょう。


sponsored link



copyright©2013  【子宮筋腫.com】〜子宮筋腫の症状について〜  All Rights Reserved