【子宮筋腫.com】〜原因について〜

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
49kinsyu★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。




sponsored link




ここでは子宮筋腫が出来る原因について、詳しく説明しています。

子宮筋腫が出来る原因は、現在明確に把握できていません。しかし初潮前や閉経後の女性には発生しないことや閉経後は出来ていた筋腫も自然と縮小することから、女性ホルモンが大きく関わっていることは分かっています。また出産が多く必然的に月経回数が少なかった昔と、晩婚化が進み出産が少なく月経回数が多い現在で発症件数が大きく差があることから、月経を起こす卵巣性ステロイドホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)が深く関わっていると考えられます。

また筋腫が出来る原因が、子宮筋層が胎児期に形成される間にあるという考え方もあります。女の赤ちゃんが母親の胎内にいる間に子宮の筋肉が成長してきますが、この際何かしらの原因によって筋腫の芽が作られている可能性があります。この筋腫の芽が思春期のホルモンバランスの変化によって大きく育ち、徐々に姿を現し始めるという事です。

もう一つ、遺伝の要素も含んでいるのではないかという見方もあります。しかし遺伝性については医学会では賛否両論あり、これも立証されているわけではなく否定的な見方が強いのも事実です。確かに身内で子宮筋腫が起こる可能性も低いわけではありませんが、遺伝というよりも生活環境や食生活などが類似していることが要因となっているのではないかという考え方も出来ます。
ただし身内に子宮筋腫の方が居る場合は、自分も注意した方がいいということには繋がるでしょうから、一つの目安としては考えても良いと思います。


sponsored link



copyright©2013  【子宮筋腫.com】〜子宮筋腫の症状について〜  All Rights Reserved